haruシャンプーの光毒性の問題とは?副作用レベルは?

haruシャンプーの光毒性の問題とは?副作用レベルは?


haruシャンプーは、白髪や薄毛・抜け毛を主な対策として作られたシャンプーで、非常に人気が高いヘアケア商品です。

 

しかも、これ1本で、育毛や白髪抜毛のケアまでも出来る画期的なエイジングケアシャンプーなんです。

 

haruシャンプー購入者の満足度は94.4%と非常に高く、楽天市場でも総合ランキング1位を取っています。

そんなharuシャンプーですが、唯一、「光毒性」というお話を抜きにして紹介してはいけないと思いましたので、本記事でご紹介します。

 

心配されるといけないので、結論から言いますと、haruシャンプーの「光毒性」まったく問題はありませんのでご安心ください。

 

>>haruシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

haruシャンプーの光毒性について

まず最初に、haruシャンプーのボトルに記載されている成分表を見てください。
※かなり小さな字で記載されています。

 

 

赤枠で囲った箇所に「グレープフルーツ果皮油」という成分が、今回のテーマ「光毒性」との関わりがある成分です。
※一般的に成分表は配合量が多い順番で記載されていますので、微量であることが分かります

 

 

光毒性とは?

 

それでは、今回のテーマである「光毒性」とは、どのようなものなのでしょうか?

 

光毒性とは・・・
皮膚や眼が日光やその他の光に対して非常に敏感になった状態。特定の薬物を摂取したり、特定のエッセンシャルオイル(植物から抽出された芳香成分を含んだ液体)や他の局所外用薬を皮膚に塗ることで生じる可能性がある。光毒性は、日焼けや水泡、その他の皮膚の問題を引き起こす。

 

つまり、haruシャンプーに含まれる成分「グレープフルーツ果皮油(精油)」に光毒性やごく稀なアレルギーが心配される事があります。

 

 

※グレープフルーツ果皮油には柑橘系香料のリラックス効果と、地肌の血行を良くし殺菌・抗菌作用、整肌・コンディショニング効果が知られている成分です。

 

haruシャンプーの光毒性は問題なし

haruシャンプーに含まれる「グレープフルーツ果皮油(精油)」の配合量はとても少なく、さらに光毒性は肌に残って日が当たらないと影響が出ないものです。

 

すすぎで流れてしまうから全く問題はありません

 

つまり、屋外のシャワー室で日光を浴びながら、長時間にわたりharuシャンプーを使用しない限り大丈夫!ということでしょう。

 

しかし、すすぎ残しは、様々なデメリットがありますので、光毒性のためだけでは無く、しっかりとすすぐように心掛けてください。

 

 

こちらの記事で「すすぎ残しのデメリット」を紹介しています
>>アミノ酸系haruシャンプーのデメリット。知っておきたい使い方

 

>>haruシャンプーの公式サイトはこちら

関連ページ

アミノ酸系haruシャンプーのデメリット。知っておきたい使い方
アミノ酸系のharuシャンプーを使用する際は、正しい知識が必要です。もし正しい知識が無いと、逆効果になることもあるんです
haruシャンプーの20代の口コミ。世代を超えて愛される効果とは
白髪・薄毛などharuシャンプーの効果は、どちらかというと中高年以上をターゲットにしていますが、実は20代の若者にも大変人気は高く評判になっているので、その理由を調査しました
haruシャンプーの2chだから言える本音の口コミとは?
haruシャンプーが2chでどのように口コミされているのか調べました。
haruシャンプーのステマ記事の見分け方
haruシャンプーのステマ記事の見分け方 haruシャンプーの購入者の「生の声」をお届けします