アミノ酸系haruシャンプーのデメリット。正しい知識を持つ必要性

アミノ酸系haruシャンプーのデメリット。知っておきたい使い方

haruシャンプーは、白髪や薄毛・抜け毛を主な対策として作られたシャンプーで、非常に人気が高いヘアケア商品です。

 

しかも、これ1本で、育毛や白髪抜毛のケアまでも出来る画期的なエイジングケアシャンプーなんです。

 

haruシャンプー購入者の満足度は94.4%と非常に高く、楽天市場でも総合ランキング1位を取っています。

 

そんなharuシャンプーですが、アミノ酸系シャンプーに属し、アミノ酸シャンプーのデメリットを持っています。

 

つまり、使い方を間違えると逆効果になる場合があるのです。

 

今回は、アミノ酸系シャンプーの特徴を理解し、知っておきたいharuシャンプーの正しい使い方についてご紹介します。

 

>>haruシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

haruシャンプーも分類される「アミノ酸系シャンプー」の特徴とは

現在、シャンプーは各メーカーより、たくさんの種類が販売されています。

 

そしてシャンプーの多様化により分類しようとすると、とても複雑になりますので、洗浄成分にフォーカスし3種類に絞って比較しました。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石鹸シャンプー
  3. アミノ酸シャンプー

 

■洗浄成分による比較表

高級アルコール系 石鹸系 アミノ酸系(haruシャンプー)
洗浄成分

ラウレス硫酸Na
ラウレス-2硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸TEA

脂肪酸Na
脂肪酸K
石けん素地

ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルグルタミン酸Na

洗浄力

洗浄力は高い。
泡立ちもすぐれている。

洗浄力は高い。
毛穴の汚れまで取れる。

やや弱い。
刺激性

皮膚や髪に対する
刺激が強い。

基本的に強くないが、
皮脂を取りすぎる傾向がある。

低刺激。
シャンプーの回数を多くしても頭皮を傷める心配は少ない。

こんな人におすすめ

シャンプーにこだわらない方
肌の強い方

自然志向な方で肌や頭皮が強い方
肌の強い方
しっかり洗いたい方

肌のデリケートな方
肌や髪が乾燥気味な方
髪や頭皮をいたわりたい方

おすすめしない人 肌の弱い方にはおすすめしない

肌の弱い方にはおすすめしない
髪が傷みやすい方にはおすすめしない

頭皮をしっかり洗いたい方にはおすすめしない

 

上記比較表からも分かるように、アミノ酸系シャンプーがお勧めな方とは、色々と髪の毛や頭皮に悩みが多い方になります。

 

 

アミノ酸系シャンプーとは、簡単に説明すると、洗浄成分にアミノ酸を配合したシャンプーのことです。

 

また、この「アミノ酸」とは簡単に説明すると”私達の体を構成している主成分”です。

 

 

 

よって、肌や髪の毛への負担が、とても少ないとされているアミノ酸は、デリケートな方におすすめなアミノ酸シャンプーとして販売されています。

 

高級アルコール系のシャンプーと比べてもカラーリングの色持ちをアップさせたり、抜け毛予防になったりと、頭皮のケアに効果があるため優秀な成分です。

 

成分表示には・・・、

  • ココイル〇〇〇
  • ラウロイル〇〇〇

・・・と表記されていますので、一度ご自身の使っているシャンプーも確認してみてください。

 

アミノ酸系シャンプーのデメリット

 

しかし、このアミノ酸系シャンプーも、使い方を誤ると、逆効果になることがありますので、ご注意ください

 

デメリット@:洗浄力が弱い

ココまでアミノ酸系シャンプーのメリットとしてご紹介してきました「洗浄力の弱さ」が、逆にデメリットになってしまうことがあります。

 

つまり、洗浄力が弱いので、これまでと同じ洗髪方法だと、汚れが残ったままになる可能性が高いのです。

 

よって、haruシャンプーであれば、公式サイトでも紹介している正しい洗髪方法を実践することが絶対条件なのです。

 

 

>>haruシャンプーの使い方を間違えると逆効果。正しい使用方法とは

 

デメリットA:アレルギーリスク

上記でもご説明した通り、人間の体もアミノ酸でできているため、肌や髪の毛に優しく、馴染みやすいと説明してきました。

 

しかし、この馴染みやすさが、かえって頭皮に凄く吸着してしまい、アレルギーを引き起こすことがあるのです。

 

アミノ酸シャンプーを使っていて、シャワーで流したのに、手や髪の毛が少しヌルヌルするという方がいますが、これを保湿成分による効果だと勘違いする人がいます。

 

 

その正体はアミノ酸系シャンプーの「洗い残し」です。

 

つまり洗浄力が弱い上に、シャンプー成分も残ってしまうのです。

 

そして、肌に残ったアミノ酸がアレルギーを引き起こすこともあります。

 

こちらもデメリット@でもご紹介しましたが、正しい洗髪方法でしっかりと洗うことが重要です。

 

 

 

haruシャンプーの公式サイトでも正しい使い方について解説しています
>>haruシャンプーの公式サイトはこちら

 

関連ページ

haruシャンプーの20代の口コミ。世代を超えて愛される効果とは
白髪・薄毛などharuシャンプーの効果は、どちらかというと中高年以上をターゲットにしていますが、実は20代の若者にも大変人気は高く評判になっているので、その理由を調査しました
haruシャンプーの2chだから言える本音の口コミとは?
haruシャンプーが2chでどのように口コミされているのか調べました。
haruシャンプーの光毒性の問題とは?副作用レベルは?
haruシャンプーの光毒性について調べました
haruシャンプーのステマ記事の見分け方
haruシャンプーのステマ記事の見分け方 haruシャンプーの購入者の「生の声」をお届けします